精神、知的、
発達、身体、難病

就職を目指す
障がいのある方へ

ジョブステーションはほっとひと休みできて、スタッフと一緒になって夢を描き、もっとできるを実現する、そんな就労移行支援事業所です

ほっとできる就労移行支援事業所とは

職員たちの想い

POLICY

我々ジョブステーションの個性あふれるスタッフは、皆さんが笑顔で安定した就職ができる様、お一人おひとりに向き合いながら「個別プログラム」を作成しています。これにより、「最短期間で最適の就労」を目指して頂く事ができ、2018年度は就職率70%という結果を出す事ができました。

また、品川区大井町と新宿区高田馬場に事業所があります。
この拠点が2つあるというスケールメリットを使い、皆さんに<Wプログラム>という位置づけで「合同グループワークやレクリエーション」の機会を提供しています。
これにより、定員20名を超えた大人数の環境も体験頂けるので、「就労後のストレス負荷に耐えうる気持ち」「通勤訓練」「部署異動の疑似体験」を感じて頂けると思います。

「個別プログラム」「Wプログラム」は相反する様に感じるかもしれませんが、この2つは、就労を見据えると非常に大事な事です。

皆さんの心配事や悩み事は一人で抱え込まずに私たちに相談してください。
ジョブステーションに通い始める事で、不安を安心に、そして自信につなげていくことができるはずです。

ジョブステーション所長 田久 賢一

就労までのジョブステーション3つの特徴

POLICY

  • 一人ひとりに
    必要なサポート

    利用者一人ひとりに、就職に向けたプログラムを作成します。今現在の悩み事や、今後の目標などについて定期的な面談を行うことでひとつひとつクリアしていきます。ほっと一息つきながら就職を目指しましょう。

  • 資格取得とスキル
    アップ

    資格は面接の際に自分の能力を伝える際に大きな強みとなります。就労支援のプログラムとして開発された教育プログラムを利用し、楽しみながら資格取得も目指すことが出来ます。

  • 就職に有利な体制と
    組織

    ジョブステーションは、一般社団法人社会福祉支援機構に加入しており、全国各地で就労移行支援事業を行っている事業所と連携を図っています。資格取得から、就職活動まで万全の体制で支援を行っています。安心してください!

もっとできる就労までの3つの特徴を見る

事業所案内

OFFICE

一人ひとりの
就労プログラム例

PROGRAM

ジョブステーションでは、一人ひとりの状況、目標に合わせた個別支援プログラムを提供しています。
全員が画一的な同じプログラムを受けるのではなく、ご利用いただく方の状況に合わせたあなただけのプログラムで就職を目指せます。

  • 利用者A様の場合

    利用開始1か月目のAさんは生活リズムを整えるため、午前中週3回の通所を目標としています。朝礼に参加し、PC訓練を行っています。また、体力増進プログラムであるウォーキングは欠かさず参加しています。

  • 利用者B様の場合

    利用開始6か月目のBさんは資格試験免除プログラムを活用し週4回通所しながら資格取得を目指しています。また、コミュニケーションスキルを高めるためにグループワークにも積極的に参加しています。

  • 利用者C様の場合

    利用開始1年目のCさんは午前、午後終日週5日の通所をしています。実際就職した際の勤務時間に慣れるために毎日6時間の訓練を行っています。事務職では必須のPCスキルや、日商簿記などの実務で活かせるスキルの取得を目指しています。

具体的な1日の流れを見る