日々の積み重ねの成果が開花するとき

こんにちは。
~キセキの杜~ジョブステーション高田馬場です。

先週土曜日は月に一度のヨガ教室を開催しました。

外部からプロの先生をお呼びして、1時間みっちりと体をほぐします。

そんなヨガの様子はこちら↓↓↓

 

 

 

 

 

 

先週のヨガには卒業生が2人参加しました。

お二人ともジョブステーションに通っていた頃から、ヨガには毎回参加をしていました。

今日は、就職をした卒業生からジョブステーションの取り組みの中で役立ったことをご紹介したいと思います。

【今日の体調の報告】

ジョブステーションでは、毎朝の通所時に体調管理チェックシートを記入します。

この体調管理チェックシートは、今日の体調を三段階で評価します。

他に、服薬がきちんとできているかと就寝起床時間を記入していきます。

そして、スタッフに手渡します。

この手渡しの際に重要なことが、記入するだけではなく、口頭で自身の体調を説明できるかということ。

障がい者雇用の面接の場面では、服薬管理と自己発信ができるかどうかを必ず聞かれます。

まだ知り合って間もない方に自分の状態を伝える力をつけるには、日々の練習が欠かせません。

卒業生からは、この体調の報告がとても役立ったというお声がありました。

働く上で1番大切な体調管理。

自身の障がい特性や体調に合わせて、気持ちよく働きたいですね!

 

【作業スペースについて】

ジョブステーションでは、個別学習といって、利用者さんがそれぞれの目標に合わせて個々に訓練に励む時間があります。

この時間は、資格の勉強、タイピングやデータ入力、軽作業などなど、実務に役立つ資格の勉強や実務に近い訓練を行う時間です。

そこでポイントとなるのが、作業スペースです。

集中して取り組むことができる、個別ブース

 

周りにパーテーションがないオープンスペース

 

どちらでも好きな場所で訓練することができます。

もちろん集中したい時や周りの目が気になる時は、個別ブースで取り組んでも構いません。

ですが、会社ではパーテーションのない執務スペースも多いです。

より実際の仕事場面に近い状態で訓練するためにも、慣れてきたらオープンスペースで取り組むことをおすすめします。

パーテーションがないので、隣の方とのスペースにも配慮をして取り組む必要があります。

書類やテキストを広げすぎないよう、常にデスク周りを綺麗に保ちながら作業していく習慣も必要ですね

 

他にもいくつかありますが、それはジョブステーション高田馬場に見学や体験にいらした際にお伝えいたしますね。気になった方は、是非下記のお問い合わせフォームやお電話でご連絡ください(*^-^*)

 

~キセキの杜~ジョブステーション高田馬場では、障がいのある方の就職サポートします!

安心して就活でき、自信を持って就職できる事業所です!

ご見学・体験を随時受け付けております。

是非お気軽にお問い合せ下さい。

 

お問い合わせはこちらから

↑↑↑クリックでお問い合わせフォームにとべます。

無料体験会・見学会・相談会スケジュール

高田馬場 11月のイベントスケジュールのご案内

お知らせ

調理レク・豚汁作り

〈開設しました〉リワーク支援について

<新登場>オンライン個別相談会の実施のお知らせ

ジョブステーションのコロナ対応

苦手な人ともうまく関わる方法

高田馬場のお知らせをもっと見る

ジョブステーション高田馬場TOPへ