【卒業生事例②】復職(リワーク)の方

こんにちは。

ジョブステーション高田馬場です。

 

 

今回、復職(リワーク)の利用者についての紹介ですが、

目標が達成できないと悩んでいる」人に共通の話題となっています。ぜひご覧になってください(*^-^*)

 

 

復職者の事例紹介

令和4年5月から本格的にジョブステーションに通いだし、同年9月に復職されました。

当初よりジョブステーションを利用する目的がしっかりあり、職員との面談を重ねて、本人の希望に沿った復職計画を描いていきました。

早期に復職するという、目標を実現できたわけです。それはどうしてでしょう…

 

 

その方は自身で、考えた内容をまとめていました。

ざっくり紹介すると、

  • 自分の目指すべき方向性を考え直す(10年後や20年後にどうありたいか?)
  • 上手く出来なかった状況や、辛かった状況を思い返し、どうするべきだったかを考え直す
  • 今すべきことや将来の方向性を整理し、働くモチベーションの保ち方を検討する

 

上記を意識して、目標の振返りを重ねてきたから、結果がついてきたと思います!

 

最終的には自分に自信をもって、対応策を考えつつ、今後の具体的な動きもイメージされていました。

しっかりと 紙に書きだして、人に話して、動き出して きたからこそ、早く復職が出来たのでしょう。

 

 

 

目標を立てる・振り返る

何か目的や目標がある場合、『紙に書く・人に話す・動き出す』ことを意識してみて下さい。

簡単な内容でも結構です。もちろんプライベートなことでもいいでしょう!

目標を思っていただけとは違って、自分自身で整理が出来て、色々とアドバイスを貰ったり、サポートしてもらったりするものです。目標への進み具合が変わってきます!

一人では後回しにしてしまったり、なかなか腰があがらなかったりする時もあるでしょう。

誰かと一緒なら、力が湧いてくるものです。

私達と一緒に、まずは目標を立ててみませんか?

 

 

 

 

休業者数データ

新型コロナが、雇用・就業・失業に与える影響はまだまだ続いています。

独立行政法人 労働政策研究・研修機構が提示した統計データでも、休職者がまた増加傾向にあることが読み取れます。

https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/covid-19/c23.html

資料出所 総務省統計局「労働力調査(基本集計)

 

統計データでも、休職者は増えてきています。あなただけではありません。

休業しており、職場復帰への悩みを抱えている人は多いです。

(休業した方は復職後に、また休業する傾向があるとも言われています)

 

でも、安心してください。

ジョブステーションは、リワーク支援も行っております!

今回事例のように、ジョブステーションで支援を行ない、職場復帰した方は他にもいます!

 

リワーク支援について

https://www.jobstation-kanto.com/re-work/

ジョブステーションのリワーク支援について、ご紹介しています。

 

 

今回卒業生の事例は、あくまでも、この方にあったプログラムプランで復職されました。

十人十色の方法があるはずです。あなたにあったプランを進めていきますので、「難しそうだな」と思った方も、まずはお気軽にご相談してみてください(^_-)-☆

 

 

~キセキの杜~ジョブステーションでは、見学やご相談、体験のお問合せをお待ちしております。お気軽に下記問い合わせフォームまでご連絡ください。

 

~キセキの杜~ジョブステーション高田馬場では、障がいのある方の就職サポートします!

安心して就活でき、自信を持って就職できる事業所です!

ご見学・体験を随時受け付けております。

是非お気軽にお問い合せ下さい。

 

お問い合わせはこちらから

↑↑↑クリックでお問い合わせフォームにとべます。

無料体験会・見学会・相談会スケジュール

11月のイベントスケジュールのご案内

お知らせ

【利用者さん主体】イベント企画で学べる3つのこと

【初心者必見】ジョブステのパソコン学習

【卒業生事例④】ジョブステ独自の就職経路

【ジョブステクイズ】ヨガをするのに最適な頻度は?

【利用体験談】ジョブステーション体験アンケート

高田馬場のお知らせをもっと見る

ジョブステーション高田馬場TOPへ