相手に届くように

こんにちは。
~キセキの杜~ジョブステーション高田馬場です。

 

本日は、発声練習のグループワークを行いました。

先日、表情筋のグループワークを行いましたが、表情の他に声の出し方も非常に大切です。
緊張すると、体がこわばって声が出にくくなります。

自分の体は楽器と同じ。
相手に届く声を出すためには、まずは体の力を抜いて、リラックスすることが大切。

本日は、ヨガマットの上で準備運動をするところからスタートしました。その準備運動とは、脱力運動です!
足を肩幅に開いて上半身を前に倒したら、左右に体をブラブラゆすります。
この時に肩や首の力も抜きます。

体の力が抜けてきたタイミングで、背骨が1つずつ組み上がるようにゆっくりと体を起こします。
こうすると、体の力が自然と抜けて声を出しやすい体になります。

 

発声で次に大事なポイントは、息の使い方です。
呼吸は腹式呼吸で。
鼻から大きく息を吸い込み、口からゆっくりと吐き出します。
息を吸い込みながら大きくお腹を膨らませ、息を吐きながらお腹をへこませていきます。

 

息を吐き出す時は、目と目の間から放物線を描くようなイメージで下腹の力を使って、息を遠くまでしっかり飛ばします。
目を大きく開き、上顎もしっかり大きく開けることで、声ははっきりと遠くまで飛びます。

張りのあるしっかりとした声は、面接でも重要なポイント!

普段から意識的にお腹から声を出す練習をすることで自然と相手に届く声が出せるようになります。

少しずつ取り組んでみましょう。

~キセキの杜~ジョブステーション高田馬場では、障がいのある方の就職サポートします!

安心して就活でき、自信を持って就職できる事業所です!

ご見学・体験を随時受け付けております。

是非お気軽にお問い合せ下さい。

 

お問い合わせはこちらから

↑↑↑クリックでお問い合わせフォームにとべます。

無料体験会・見学会・相談会スケジュール

7月のイベントスケジュールのご案内

お知らせ

願いごと

相づちって?

ていねいに、わかりやすく。

チーズケーキづくり

つらい朝の対処法

高田馬場のお知らせをもっと見る

ジョブステーション高田馬場TOPへ